家族のこと(甥っ子の世界) seerayのプライベートBLOG

お坊さんのお言葉

先日家にお坊さんが来て、お経をあげてもらいました。
二十数年間、通っていただいたお坊さん。
今回、鎌倉の本堂に栄転?されるようで今日で最後だとのこと。

今まで やれ 仕事に・旅行に・・・と飛び回っていた私は
お坊さんの読経の席に同席した記憶は数回のみ。

今回父が入院したことで 「困った時の神頼み」
と正にそのものなのですが
心してお仏壇の前に座った私なのでした。
お坊さんのお話も、心にしみました。

人は誰でも死ぬもの。
この世は、修行の場。
あの世はもしかしたらとてもいい世界なのかもしれませんよ。
家族にできることは、精一杯の看病をすることです。
悔いを残さないように。

様々な入院中の家族を見てきた。
その中で、家族が来ない患者さんと
家族が連日お見舞いに来る患者さんとがいる。
どんなに病状が重くても、毎日のように家族が看病している人の予後は穏やかだということ。

そんなお坊さんの話を妹にしたら
とても安心した様子。
というのも妹は4歳と2歳の子供連れでお見舞いに行くから
「うるさいからもう帰りなさい」と5分も経たずに親に帰されちゃうこともあって。。。
(実際、我が甥っ子は人一倍うるさいし、いたずらもハンパない)
電車とバスを乗り継いではるばる来ているのに
果たしてこのお見舞いは意味があるのだろうか
と悩んでいたらしいのです。

たとえ、5分のお見舞いだとしてもそれは意味ある!
私も妹も確信しました。

お見舞い
孫とのハイタッチ。
この威力に勝るものはないでしょう。

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 7回入賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫
https://seerayphoto.com/about-seeray

Documentary Photographer SEERAY TANAKA

田中しいれい

田中しいれい

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。 「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。 【受賞歴】 ・エプソンフォトグランプリ入賞 ・三渓園フォトコンテスト入賞 ・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞 ・明治安田生命マイハピネス 7回入賞&CM採用

プロフィールを表示 →

最近の記事

  1. 神社での七五三写真撮影をプロカメラマンに依頼する4つの理由

  2. 婚礼和装振付・ポージング 練習会へ

  3. 七五三出張撮影「イチョウ並木ロケ+神社プラン」が人気です

Category*記事ALL

掲載されました ~randomly~

Back Number