「信頼する」っていう宝箱~僕は、お母さんを助けるために、ここに来たんだよ。~

『ようこそ断捨離へ』の本読んでたら、こんなことが載ってた。
障害がある子って、特殊な才能があるんだって思わざるを得ません。

甥っ子見てると、「この子は神様なの?」って思うことがあったりする。

ようこそ断捨離へ

不登校中の息子は多分アスペルガー症候群。
(中略)
息子と寝室に入って話をした。
アスペルガーについて少し説明し、
こんなふうな特徴があったのだから、すごく苦しかったんだね、
その辛さを今までわかってあげられなくてごめんね・・・と謝った。

息子はわんわん泣き出し、それは胸の底の底のほうから搾り出すような涙だった。
そして、これまでの気持ちを、一気に話しはじめた。
しゃべってもしゃべっても止まらない。
すごい勢いで口が動く・・・。
そのうち話の内容が変わってきた。なんか顔もしっかりしてる・・・。
以下、息子の話したこと。

ねぇお母さん、どうしてお父さんが怒るか分かる?
お母さんは信頼されてないんだよ。

じゃあ、どうしたら信頼してもらえるか教えてあげようか。
それにはまず、お母さんがお父さんを信頼すること。
お母さんとお父さんには信頼関係がないんだよ。
信頼されていたら、お父さんはどこへだって行かせてくれるよ。

お母さんの心の中には、「信頼する」っていう宝箱がない。

これは土台になる大事な宝箱だから
本当は子どものうちに手に入れるものなんだけど、
お母さんは持っていない。
だから神様が上から見てて、あぁこの人は大変だなぁって思って
守るために僕を来させた。

僕は、お母さんを助けるために、ここに来たんだよ。
妹は、お母さんに「うれしい気持ち」を教えるために来た。

だから、いつも耳たぶをさわったりして甘えるてるけど
あれはうれしい気持ちを思い出して、
っていうサインなんだよ。

だからさ、お母さん時々「もうやめてよ~」って怒ったりしてるけど
触られたら 「うれしい気持ちを思い出させてくれてありがとう」
って思わなきゃ。
でも、妹の天使は、まだ脳とつながっていないから
言葉で言っても何のことかわからない。
直接、心から心に伝えるんだよ。

お父さんは、お母さんに試練を与えるために結婚した。
お母さんが信頼っていう宝箱を手に入れるためにね。

とにかく、まずは「信頼」をゲットしないとだめ。
でないと次の宝箱は手に入らないよ。

お母さんは、今まで、うれしさとか楽しさとか、
いくつかの宝箱をゲットしてきたけど
ここから先に進むには、信頼の宝箱が必要なんだよ。

人生はね、色んな宝箱をゲットして行くところなんだ。

手に入れようとして一生懸命手をのばして、のばして…。
もうちょっとのところで、お母さんいつも手を放しちゃうんだよ。
やっぱりだめだって、あきらめるんだよね。

それと、お母さんケンカになったら、「怒ること」に集中して
頭が真っ白になるでしょ。
もっと色々考えないとだめだよ。

怒る気持ちだけが大きくなったら、裏側の良くない気持ちが
それを踏み台にしてジャンプするから、
さらに怒る気持ちが大きくなって…っていうふうに
どんどん大きくなるよ。

そんな時は、裏側の気持ちが大きくなってることに気づいて。
忘れてたら、僕が教えてあげるから。

『ようこそ断捨離へ』 BYやましたひでこ

続きは
『ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術』を お読みください。

関連記事