インプレッション(使用感)

出張カメラマンの私が、10年愛用しているクラウドサービス|電子帳簿保存法2024開始

大misoca

今日、着付師さんから請求書が届いたのですが
WEBサイトのロゴが「大Misoca」になっていて

「大」ってなんだろう
misocaのブランド名が変わったのかな

と思ってたら「おおみそか」だった。
12/31 大晦日。
この日だけ、発行されるクラウド書類に「大」が付くみたい。

その遊び心、
やられた。

2013年から10年以上もmisoca使っているのですが
気づいたの初めて!

なんてことないのに、
年末の今日。
なんか、プレミアもらった感じ?
うれしい。

フリーランスカメラマン、
着付師さん、ヘアメイクさんに
超絶すすめてるのコレ↓

Misoca(みそか)

※無料体験の期限終了後も「無料プラン」に自動で切り替わるので放置してOK
オンライン上だったら10通まで無料です。

freeeで請求書作るよりも、misocaの方が簡単です。

そして 発見その2

Misocaで、オンライン領収書の発行ができる!!!

作成した請求書を、ボタン※ひとつで
印鑑付きの領収書発行ができるんです。
(その「※神ボタン」は、謎解きみたいに、とっても分かりにくいところに隠れている)

電子領収書、これが どれだけ ありがたいことなのか(‘ー’)
もうね。奇跡です。神です。

なぜって
領収書を電子化すると、

印刷→封入→切手貼付→ポスト投函という手間が省略されるばかりではなく
5万円超えても収入印紙の貼り付けが不要になるのです。

フリーランスで生きている方、ひとり経営者の方。
2023はインボイス開始。
そして2024は、電子帳簿保存法がはじまり
カオス極まりない年になりそうですね。

ともに、がんばりましょ。
とりあえず、フリーランスの方、Misoca(みそか)
使ってみて。


ではでは
よいお年を。

電子帳簿保存法とは
国税関係の帳簿や書類を電磁的記録(電子データ)で保存することを認める法律です。
2024年1月1日からは、電子取引のデータ保存が完全義務化され、電子取引の書類は紙保存することができなくなります。
正しい方法で電子帳簿保存法に対応しない場合、65万円の控除が受けられなくなるだけではなく、そもそもの青色申告が取り消される可能性があります。

電子帳簿等保存制度特設サイト→

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 8回受賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

最近の記事

  1. 『日本文化と世界をつなぐハブになりたい』企画はぐくみ中。

  2. 書家「稲村瑞穂」個展のフライヤーのお写真、採用いただきました。

  3. メンズの経営者交流会へ潜入してみた

ブログ記事ALL

Back Number

撮影カテゴリ