障害のある方へ|車いす着付け

着物セラピー交流会 参加しました
~障害のある方にも振袖を着て欲しい

  
着物セラピー
  
昨日は、「着物セラピー交流会」でした。
障害のある方にも振袖を着て欲しい
という趣旨に賛同し、私にできることがあれば
写真で力になりたいと参加させていただきました。

メンバー知らないままZOOM入ったら、
フォトグラファーのターナーさんと、
車いす着付け講師の常盤さんがいらして うれしかったです!
参照:常盤さんとのZOOM会議「車椅子着付けを 感動ポルノにしたくない」

みなさまの体験談を聞かせていただき
(壮絶な事例も知りました)
想いだけではだめで、安全面など やはり専門知識が必要なこと、
でも最終的には想いの部分が大切なこと
認識を深めることができました。

障害のある方で、着物を着てみたい
という方がいらっしゃいましたら、お声掛けください。
各方面のプロフェッショナルが、揃ってますよー

#着物セラピー
#障害のある方にも振袖を着て欲しい

着物セラピー
https://www.kimonotherapy.com/

2/14(日)追記 カメラマン 来田朋子さんのお話

着物セラピー☆チャンネル 第4回ゲスト:カメラマン 来田朋子さん

障害のあるお姉さまのお話。
遺影がパジャマになってしまって。。。
というお話から。。。

『遺影写真を撮りたいわけではない。
遺影にするような写真も見当たらない
そういった写真を撮る機会がない人たちを減らしていきたい
節目を感じる機会にしてほしい』

という言葉が印象的でした。

↓28分からダイジェスト(お時間ある方はぜひ最初からご覧ください)

遺影のお話は、ドキリとしました。

とてもセンシティブなことなのだと思うのですが
来田さんのご家族のエピソードを交えてのお話が
とっても貴重です。

着物セラピー プロジェクト。
ますます、必要な方に広く知ってほしいなと思いました。

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 8回受賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

最近の記事

  1. 『日本文化と世界をつなぐハブになりたい』企画はぐくみ中。

  2. 書家「稲村瑞穂」個展のフライヤーのお写真、採用いただきました。

  3. メンズの経営者交流会へ潜入してみた

ブログ記事ALL

Back Number

撮影カテゴリ