「マイノリティ」の力になりたいっていう想いは、学生時代の「普通」っていう言葉の違和感から。。。

 
 

 
 
通っていた大学は、障害を持つ人が多くいました。

車椅子の人がいて段差があって困っていたら
友人じゃなくても遠くの方から走って、手助けしたり

耳の不自由な人が授業で隣に座ってたら
筆談したり、、、そんな大学でした。

実家から大学までは90分で行けるのですが
私はなぜか寮生活というものをしてみたくて
途中から学生寮に入りました。

6畳に2人。
ルームメイトは、めちゃめちゃキレイなんだけど
なぜか下駄を履いている子。
キャバクラでバイトをしていて、でも新聞はきっちり隅々まで
読んでる真面目な子だったな。

ひとつ隣の4人部屋には、脳性麻痺の子がいました。
彼女の発する言葉は、聞き取りづらかったけれど
ちゃんと集中して聞けば理解できるし、話ししててもおもしろい。
恋愛の話とかも、したよ。

彼女は、ほとんどのことは自力でできる。
お風呂の時は一緒に入ってヘルプが必要な時だけ
ちょっとだけ手助けするくらい。

ある日、新聞記者の卵だった方が
脳性麻痺の障害を持つ彼女を取材したいということで
取材に立ち会ったことがあります。

取材は和やかに進んでいましたが
記者が何気なく発した「普通の人は・・・」
という言葉に、私は、凍りついてしまいました。
あまりのショックで、その記者に抗議もできなかった。

隣にいた彼女は、平気なふりをしていたけれど
きっと傷ついていたのではないかな。

 
 

やどかりみさおちゃんのブログを読んで
そんな大昔の話を、思い出しました。

▶「普通」という凶器。やどかりみさお さんのnote 2020/01/23

ああ、そうだよなって思った。
「普通」って言葉は、凶器だ。

わたし。。。
「マイノリティ」の力になりたいっていう想いは、
学生時代の「普通」っていう言葉の違和感からはじまったのかもしれないな。

  

さて。
やどかりみさおちゃんブログ。

一人の意見を尊重して
雨の中連れ出した保育士さん。

そして。

雨の中、9人が室内で遊ぶって言っていても
外で遊びたいと言った たった一人の子。

その子のお陰で、今まで知らなかった世界を
9人の子は知ることができるということ。

  
改めて、気づきました。

関連記事