ボランティア活動

3.11 東日本大震災から5年。

660px_IMG_7324

あれから5年か・・・。

数日間、福島豪雨災害で、土砂災害の泥のかき出し、
そしてその後、津波被害が広がる南三陸の炊き出しボランティア。

ほんの、数日間。
たった数日間の滞在なのに。

こういった画像や映像を見ると
フラッシュバックや、動悸がするのです。
ボランティアの渦中はハイテンションで動けたのに。

その衝撃は5年かけて
私の中で じわじわと沁みていくようだ。

だから、5年経った今。
被災者の心の痛みが 一層深くなっているのではないかってことを心配するのです。

660px_IMG_9588

 

 

660px_IMG_7294

 

660px_IMG_7297

 

660px_IMG_7353

 

鉄道写真家 広田泉さん。

今も支援活動を続けている姿は
本当に頭が下がります。

広田泉

 

ボランティアに行っている間、広田氏がカメラ持ったのは
活動を終えた帰り道、たった一瞬でした。

その他の時間はひたすら泥だらけになっての活動。

現場では、「その道(災害支援)のプロですか」
ってみんなに間違われるくらい。
そのリーダーシップっぷりの手腕はすごいものがありました。

現場を見て、見て。
活動を終えたあと、
静かにシャッターをきる。

 

660px_IMG_7221

 

広田泉

 

あれから5年。
ずっと見たくなかった写真たち。

私も。
しっかりと見つめて、生きなくっちゃ。

660px_IMG_7247

 

南三陸町防災対策庁舎
2011年9月の写真です。

南三陸町防災対策庁舎

 

瓦礫で手付かずの大地に

南三陸町防災対策庁舎

 

誰かがひまわりの種を植えたのでしょうか。

それでも咲く花。

660px_IMG_9714

 

震災から5年を超えて
これから必要になってくる概念は・・・
PTSDからPTGへのシフトチェンジだということを知りました。

PTSD(Post Traumatic Stress Disorder)心的外傷後ストレス障害

PTG(Post Traumatic Growth)「心的外傷後成長」

PTGとは、このような経験の後の成長を4つの観点から研究されています。

1.他者との関係観の成長
2.人間としての強さ
3.新たな可能性への気づき
4.精神性的変容および人生に対する感謝

 

傷ついた日本が、また一つ成長するということ。

 

今日のあさイチ!でやってました。
「ボランティアをやりたいけれどどうしていいか分からない。。。」
という人がたくさんいるんだな、ということを知りました。

そういう時は・・・
とりあえずここに行け!

災害NGO 結(yui)

女性一人の参加者もたくさんいましたよ。

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 7回入賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

Documentary Photographer SEERAY TANAKA

しいれいフォト プロフィール しいれい*プロフィール詳細へ→★

イギリス系の映像会社にてビデオグラファーを経験。ドキュメンタリービデオ撮影技法を取り入れた自然体で動きのある究極のナチュラルポートレイトを提供。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

-受賞歴-
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・明治安田生命マイハピネスCM採用 + 7回入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞



七五三&お宮参り特集記事

最近の記事

  1. 繁忙期前の休日に思う。「プレイヤーを卒業し、経営者へシフトしなくては」…

  2. 「写真でほめる」時に、注意したいこと|2つの自己肯定感とは?

  3. 神奈川県立図書館と、あすなろ白書

Back Number