七五三 出張撮影 七五三 お役立ちコラム 私のコト。(seerayとは?)

七五三写真。主役は子どもなのに、なぜパパ・ママの写真をのこすことが大切なのか

七五三出張撮影@伊勢山皇大神宮

今朝、起きたら、いきなり言葉のシャワーが脳内に降ってきたので、
あわてて起きぬけにパソコン開いて打ってます。

七五三の依頼者は、パパ、ママだから
もちろん納品物はパパ、ママの求めるものを撮らなくてはいけない。

パパママの求める写真というのは
「わが子のかわいい七五三写真」なのですよね。
七五三の主役は、お子様だから。

でも私は、主役と同じ重さで
パパ、ママの表情を追っています。

いま、脇役であるママ・パパが
重要なキーとなっていることに
気づいてほしくて、
知ってほしくて
これを 書いています。

きれいで整った写真よりも、大切な写真とは

七五三会食

こちらの写真は、甥っ子5歳の七五三写真。

袴を着付けしてもらい
伊勢山皇大神宮へ向かう車内で
まだ神社に着いてもいないのに
着物を脱いでしまって
家族全員が「あーあ」という、
どんよりとした雰囲気になってしまった会食レストランにて。

確かに着物を着て、きちんとした写真は撮れなかったかもしれないけれど
私は、どんなにきちんとした
七五三写真よりもこの写真が好きだ。

これを撮った、10年前の私を、
褒めてあげたい。

インナーチャイルドと、認知のゆがみ(思い込み)

先日、友人から「インナーチャイルドに何かあるよ。」
と指摘されて動揺したことがありました。

「うん。それ分かってるよ。
愛着に問題あるって、知ったの。
アダルトチルドレンとも言うよね。」

私の両親は自営業をしていて
目に見える愛情表現が薄い親だった
(と、当時は思い込んでいた)

運動会だって来てくれた記憶がないし
一緒に買い物に行ったことも
旅行へ行ったことも数えるくらいだったし
抱きしめられて、よしよしってされたことも
少なかったし
親に甘えるということができなかった

だから、私はインナーチャイルドに傷がある
自己肯定感が低いのは、そのせいなんだって、
ずっと思い込んでいた。

その定義を確認しようと思って
もう一度調べたんです。
そうしたら
「あれ?そうでもないぞ」って
拍子抜けのような。
自分自身、すっごくびっくりしたんです。

※インナーチャイルドとは幼少期に傷ついた
自己の記憶です。

私がインナーチャイルドという
言葉を知ったのは
9年前くらい。
あれからずっと、私には親から(特に母親)
の愛情が欲しくて欲しくて
たまらなかった
もう、これは「飢え」とか「執着」に
相当するものだったから
母親がこの世からいなくなるのが、
私の人生最大の恐怖だった。

その母が、2年前に突然亡くなって
ようやく今。
「母から愛情を向けてもらえなかった」
という無いことへのフォーカスから、

「私は母からこんなにも愛情をもらっていた」
という有ることへのフォーカスが
できるようになっていたことに、
気づいたのです。

最近は、フラッシュバックのように
母とのシーンを思い出すことがあります。
その度に母からの愛情を再確認し、
私のゆがみきった「思い込み」を
ひとつひとつ上書きしている最中です。

ということで、前置きが長くなりましたが
私が何十年も抱えてきた歪んだ思い込みが
消えていることに びっくりした今日でした。

「存在としての自己肯定感」を感じさせてくれる写真とは

そしてさらに。
今まで答えが見つからず先送りしていた問いー。
「存在としての自己肯定感」を
感じさせてくれる写真とは
一体どんな写真なんだろう

っていう自問自答も
溶けた気がします。

2022年の9月に、こちらのブログを書いたものの

「写真でほめる」のではなく
「存在としての自己肯定感」を
表現できる写真が撮りたいなあ
と、思ってたのです。

でも、どういう写真を撮ればいいのか
自分でも分からず、先送りしていたのです。

私が撮りたいもの
撮るべきもの

それは、
「存在としての自己肯定感」を
感じさせてくれる写真

つまり。
「親の愛情がにじみ出ている写真」
ということ。

「親の愛情」というのは、見えないから
まだ未熟な幼少期は時として
歪んだ思い込みをしてしまう
ものなのかもしれません。

でもパパ・ママの眼差しが
自分に向けられている写真(= カタチ)が
1枚あったら もしかしたらその歪みは
一瞬で修正されるんじゃないか
とも思うわけです。

私のように「愛されていない」っていう
歪んだ思い込みを
持ち続けなくて済むように。
1枚の写真が、もしかしたら
あなたの助けになるかもしれません。

結論。一体、私は誰のために七五三写真を撮るのか

私が七五三出張撮影をしていくなかで
最大のミッション

それは、
――――――――――――――――――――――――
「親の愛情」という目には見えないものを、
写真というツールを使って
「これだよ」ってテーブルの上に差し出すこと。
――――――――――――――――――――――――

わたし。
依頼者のパパ・ママを超えて
その先の。。。

何年後の「あなた」のために、
写真を撮るよ。

 

この写真たちが、あなたのかけがえのない宝になりますように・・・
👘七五三出張撮影プラン 撮影ヒアリングシート ✉お問い合わせ

私の痛いところを揺さぶった
揺らし隊である、友人。
そして、人間心理学センターピースの教え。
ありがとうございます。
ここまで気づくことができたよ。

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 8回受賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

最近の記事

  1. フランスで着物プロフィール写真が強力なブランドイメージに!7年ぶりにお…

  2. ミカタイさんのランチBOX。友人宅へケータリングしてみた

  3. 地元のお店紹介:ニンジャアイス@岸本酒房

ブログ記事ALL

Back Number

撮影カテゴリ