前世が見える友人のこと。

前回の日記のつづきです。
前世が分かる能力が開花されたという、
その「友人」というのは、青木やよいさん。
横浜大口でペットシッターをしています。
つい先日まで高校物理の教員でした。
そんな彼女が、「私、前世が見られるようになったんだ」
ってカミングアウトしてくれたのです。
前世が見えるようになったきっかけは
こんなことみたいです。
なんか、青木さんと私。
不思議なことに共通点が多くてびっくりなのです。
青木さんのブログを記載させていただきました。

急にできるようになったのではありません。
教員時代、生徒指導担当だった時に心理学を学びなおしたんです。
ユングを深く調べたり、シュタイナーまで勉強しました。
そしていつしかエネルギーワークの方面へと進んでいきました。
ヒーリングの勉強もしながら、自分の内面を見つめるために
心理療法などにも通い、自分自身の心の癒しもしてきました。

共通点①
私も大学は心理学・教育学専攻しました。
シュタイナー教育にも興味があって、オーストラリア・メルボルンの
シュタイナー教育の小学校へ日本語教師として滞在したこともありました。

それから、身体面では少林寺拳法をずっと続けていたので、
そこで呼吸法や丹田などの感覚、つまりはグラウディングが強くなったのではないかと思います。

共通点②
うわ。私は少林寺拳法ではなく、極真空手でした。
ヨガをやって呼吸法や丹田などの感覚を鍛えています。
グラウンディング!正にその感覚、近頃わかってきました。
地面と一体となる感覚が。

でも、自分でヒーリングやチャネリングができるわけはない、と思っていました。
ずっと「チャネリングしている自分」というものを無視してきたのですが、
この2,3か月あまりにスピリチュアルな情報がばんばん届くようになってきました。
そんなに言うなら、お試しに行ってみよう、と私の前世を聞きに行ったのです。
前世を見てもらうと、天使の赤ちゃんでした。
お兄さん天使に囲まれて、大天使の下で明るく楽しく仕事をしていたそうです。
そして今ここに生まれてきたのは、「愛を伝える」ためだそうです。
もう、聞いた途端、大天使とお兄さん天使たちの笑顔がばあっと広がって、
「待ってるから。」と言って見守ってくれているんです。
号泣ですよ。(笑)
帰る場所が、ここにあった。
私を待ってくれている場所が、ここにあった。
いつでも温かく見守ってくれていたんだって気づくことができた。
こんな幸せ、他にないでしょう!
そして、宣言させられた(笑)のです。
「私は愛を伝えていくことを仕事にします」って。

なんだか、青木さんが「天使の赤ちゃん」に見えてきた!
IMGL0585.jpg
青木さんは、よく家にいるのに
「お家へ帰りたい」
ってつぶやいていたそうです。
以前、ペットシッターの青木さんを撮影させていただいたのですが。
その時感じていたことを聞いてみました。
「もしかしてあの時、犬と会話してたでしょ」
「うん」
だそーです。
やっぱりな~。撮影していてワンちゃんの強張りがどんどん
なくなっていくシーンを見たから。
*IMG_3072
共通点③
あと、もう一つエピソード。
青木さんは、チャネリングの教室の先生から
「もうあなたはできるはず」
って言われていたそうです。
私も、霊感がある先生からは「あなたは分かるはずよ」
と言われています。
いや、私は分からないんですけどね。
青木さんと私でコラボイベントをしたい!
って思っていました。
その会場を探しに今日 象の鼻パークへ行ったのですが
なんと青木さんも同じ時刻にそこへ来て下見をしていたそうなのです。
そんなこと、事前に何も話していなかったのに!
ん~。もうすごい偶然がたくさんあって、
これはもう やらなくちゃだめでしょう。
前世×photo コラボイベント。
と。いうわけで、やります。
前世×photoのコラボ企画はじめます。

関連記事