seerayのプライベートBLOG 私のコト。(seerayとは?) お散歩photo

被写体と対峙する。

少女 被写体と対峙する seerayphoto

祭の撮影をしている時、ひとりの少女と出会った。
私がカメラを向けると、たいがいの子どもはピースをしたり
少なくともにこっと笑って表情がゆるむ。

だが、その少女は表情をくずさず、じっとこちらを見ているだけだった。
はじめは写真を撮られるのが嫌なのかと思ったが、どうもそういう感じではなかった。
少女はいつまでも私の方をじっと見つめ、一度も目をそらさなかった。

カメラを通して少女と無言の会話がはじまった。
私は驚きと尊敬を持って、夢中でシャッターをきった。

ふと突然、あるフレーズがよぎった。

「私が、木を見ているのではない。
木が、私を見ているのだ。」

高校生の時に、出会ったポール・セザンヌの言葉。
当時、この意味がさっぱりわからないでいた。

だが正に今、それが実体験の言葉として置き換わり、
私に迫ってきた。

「私が、少女を撮っているのではない。
少女が、私を撮っているのだ。」

何十年も前に耳にしたセザンヌの言葉が、実体験の言葉に置き換わり
すんなりと自分の中に入ってきた瞬間だった。

絵を描くこと、写真を撮ること。

そこには必ず、被写体が存在する。
それは時に、闘いとも言える「被写体との対峙」であり、
その表現活動は全て、作家の心理作業の連続である。

「被写体としっかり対峙できてるか」

ひとりの少女の瞳は、今後いかなる撮影の場面で
私に問いかけてくるに違いない。

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 8回受賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

最近の記事

  1. 七五三出張撮影。2歳「ママ抱っこ」からの奇跡。

  2. 広田泉写真展 「広田泉さんの写真が、世界に広がっていくイメージ」

  3. 成人の日、おめでとうございます。

Back Number