海ロケーション!プロフィール写真を撮ってもらいました。

  
しいれいフォト_B3_L2122-2

  

ここ2年くらい私、あまり泣いてなかったなあと振り返る。
感情が、かさかさに乾いて固まっていた感じ。

それなのに最近は、その決壊が崩れて毎日 涙が出る日々です。
その涙は悲しい涙ではなくて
私の深い深いところから湧き上がる「ありがとう」という涙。
14年前、ダイビングで後遺症を負って
寝たきりだった地獄のような日々から
少しずつ回復していったこと
そこに温かい支えがあったこと
奇跡的に写真という職業にめぐりあえたこと
  
今、立ち止まって
一人ひとりの出会いを振り返ると
自分の対応があまりにも未熟すぎて
はずかしい。
連絡途切れてしまった人たち
ごめんなさい。

そして、今もつながってくれてる人たち。
今後、ともに時間を過ごしてくれる人たち。

全て、全て。
贈り物のような出会いを、ありがとうございます。
  

  

写真は、あおきみさこさんに撮ってもらいました。
お互い写真に伸び悩んで泣いたり笑ったりしてきたな。

海へ行って 裸足になって
しばし、アーシング(足の裏で地球と直接つながること)をしてた。
砂浜で足ぺたぺた。

  

動画撮ってくれたのは、着付師の藤岡恵美さん。

  

カメラのダブルストラップも、
頑なに拒否してたけど
一回使ってみたら、もうこれなしでは生きていけない。

仕事じゃなくても遊びでもダブルストラップが手放せない。
  
この後、おもむろにカメラ渡した。
あおきさん。自分のカメラじゃないのに、
撮ってくれてありがとう。。。

というのは
朝見友香​さんが背中を押してくれたから。

今まで、「自分自身が被写体になる」
っていう発想が、全くなかったの。

「今の自分を撮ってもらう」こと。
自分のありのままを、ちゃんと直視してあげること
私も、喜びを受け取ってもいいんだなって。
いろんな気づきをもらったよ。

ありがとう。
ありがとう。

私のように、写真を撮られることを
避けてきたひと、
いっぱいいると思う。

うん。わかる。
わかるよ。

一緒に、海へ行きませんか?

「ポートレート海ロケーション」メニュー、追加しました
https://seerayphoto.com/30min

関連記事