出張撮影|ロケーションフォト シニア|長寿祝・生前遺影 撮影&イベント報告レポ

吉村光男 写真展「日本の世界遺産と大和市の四季」撮影レポート

吉村光男写真展660px_A4_L0081

大和プログラミングスクール を運営する仁ちゃんと出会ったのは
今から15年以上も前かな。
起業学校で知り合いました。

その仁ちゃんから「父の写真展の様子を撮ってほしい」とのご依頼でした。

 

お父様は、大和市健康都市大学の市民講師をされている
吉村光男様。

日本にある世界遺産の写真の集大成が並んでいます。

吉村光男写真展

 

吉村光男写真展

 

吉村光男写真展

 

商業写真で生きていると
忘れてしまいそうになる原点みたいなもの。

「撮りたい」というわくわく感。

ああ、私も宝物を探す感覚で
町を歩いていたな
って、懐かしい感覚の頃に一瞬にして戻ることができました。

吉村光男写真展

 

ナノブロックの模型が展示されていました。

吉村光男写真展

これは、息子である仁ちゃんが、
お父様へボケ防止(!)のために定期的に送ったものだそうです。

仁ちゃん!
粋なこと、するのね。
それに応えて、完成してしまうお父様も、すごいなあ。

ナノブロック

お父様は、仁ちゃんの話をするとき
とてもうれしそうでした。

吉村光男写真展

 

吉村光男写真展

 

今回、写真展を開催するにあたって、
常識にとらわれない自由な写真展を目指したのだそう。

お名前を記帳する受付はなく、
ふらりと立ち寄って、ぐるーっと一周できるライトな写真展になるよう、
1年前以上から準備をしてきたそうです。

大勢の方に見てもらって、感激です
って。

もう。私までジーンとなりました。

吉村光男写真展

 

仁ちゃんが言ってた。

「お父さんのスケジュール帳は、
撮影の予定でぎっしり」
なんだそう。

写真って、人を元気にするツールなんだな
って、改めて思いました。

 

写真展、本日5/29が最終日です。

吉村光男写真展

 

吉村光男写真展

 

会場の、シリウスも素晴らしかった。
もうこれだけで、大和駅近くに住みたくなったほど。
「日本一の図書館がある町」なんだそう。

大和市文化創造拠点シリウス

 

お父様。仁ちゃん。
素敵な父子の愛のカタチをみせてもらいました。
ありがとうございました。

吉村光男写真展

100万枚から厳選 シリウスで初の写真展
吉村光男さん(福田在住)
タウンニュース 大和版:2023年5月19日

大和市福田在住の吉村光男さん(82)が5月25日(木)〜29日(月)まで、写真展「日本の世界遺産と大和市の四季」をシリウス1階ギャラリーで開く。22年間撮り続けた100万枚の中から、選りすぐりの52枚が並ぶ。
写真展では、泉の森やゆとりの森など、散策中に発見した野鳥や花、文化遺産のほか、吉村さんが巡った国内の世界遺産を展示。22年間の写真の中から選ぶことで、今では見られなくなった景色に出会えることも。

カメラ始め人生に彩り

吉村さんが写真撮影を始めたのは、定年退職後の60歳から。カメラを片手に近所を散策がてら、花や風景を撮るところから始めた。

その後、市内各地を歩いてまわり、次第に野鳥の撮影にも挑戦。「これが難しくてね」と話すも、表情は穏やか。知床や厳島神社など世界遺産の撮影をきっかけに旅の魅力にも目覚め、旅行もライフワークの一つに加わった。

吉村さんは「誰もが目にできる光景を、誰もが持つ目線で撮るように心がけている」と語り、「カメラは敷居の高いものではなく、誰でも始められる。(写真展が)そのきっかけになれば」と話している。

写真展は各日午前10時〜午後6時。入場無料。

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 8回受賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

最近の記事

  1. 七五三出張撮影。2歳「ママ抱っこ」からの奇跡。

  2. 広田泉写真展 「広田泉さんの写真が、世界に広がっていくイメージ」

  3. 成人の日、おめでとうございます。

Back Number