seerayのプライベートBLOG

封印された映画『ひろしま』が、ハリウッドにも広がってきて。。。

 

 
映像カメラマン能勢広氏のつながりで映画『ひろしま』の記者会見に
同行させていただいたのが2011年4月。
 

直後に上映&講演会が渋谷で開催された。
小学生が来場していることに、驚きました。

そうか。これは子どもにこそ、見せて語り継がなくてはならない映画なんだって思いました。


 
 

 
 

 
 

 
 

あれから8年経った今、映画「ひろしまを支援する輪はハリウッドまで広がっていることを知り、
なんかとっても感慨深いです。

オリバー・ストーン監督「世界中の人に見てほしい映画だ」
 

 
そして、やっと。日本でもNHKで放映されます。

【被爆者たちが出演】上映中止にされた超大作映画『ひろしま』とは

原爆投下から8年後。広島で空前絶後の映画が製作された。タイトルは「ひろしま」。撮影に参加した人の数は8万8千人。日本映画史上、最大級のスケールを誇る。原爆投下直後の広島で何があったのか?被爆者たちが自ら演じて再現している。この映画は、ベルリン映画祭で入賞。国際的な評価を受けた。しかし今、この映画の存在はほとんど知られていない。いったいなぜか?そこには、時代に翻弄された映画の知られざる事情があった。

【テレビ放映 情報】
◆ETV特集『忘れられた“ひろしま”~8万8千人が演じた“あの日”』
NHK Eテレ 8月10日(土)23:00~24:00

◆映画本編『ひろしま』
NHK Eテレ 8月16日(金)24:00~25:47 

 
 

【映画館 上映情報】
● 横浜シネマリン 8/10~8/16 045-341-3180

● 神奈川川喜多記念映画館 8/14・15・17 0467-23-2500
http://www.kamakura-kawakita.org/kwktevents/new
『ひろしま』上映(上映前舞台挨拶、上映後戦争体験のお話を伺います)
8月14日(水)13:30~
☆13:30『ひろしま』上映前に「奇跡への情熱…核廃絶プロジェクト」代表プロデューサー・小林開氏による舞台挨拶があります。

 
 
戦争を語る「語り部」がだんだん少なくなってきて。。。
子どもたちに戦争を伝える場がなくなっている今、そしてこれから。

教育も、政治も だめなんだったら、
文化のフィールドがまだある!

映画のポテンシャルって、実はすごいかも。。。
と、改めて思うのでした。
 

今夜23:00。心して観よう。
  

サンデーモーニング「風をよむ」でも取り上げられていました。


  

DVDも発売されています。

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 7回入賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

Documentary Photographer SEERAY TANAKA

しいれいフォト プロフィール しいれい*プロフィール詳細へ→★

イギリス系の映像会社にてビデオグラファーを経験。ドキュメンタリービデオ撮影技法を取り入れた自然体で動きのある究極のナチュラルポートレイトを提供。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

-受賞歴-
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・明治安田生命マイハピネスCM採用 + 7回入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞



七五三&お宮参り特集記事

最近の記事

  1. 繁忙期前の休日に思う。「プレイヤーを卒業し、経営者へシフトしなくては」…

  2. 「写真でほめる」時に、注意したいこと|2つの自己肯定感とは?

  3. 神奈川県立図書館と、あすなろ白書

Back Number