七五三 出張撮影 七五三 お役立ちコラム

「男のカメラマンじゃなく、女のカメラマンがいい」

鶴岡八幡宮-リス

先日の3歳七五三出張撮影のお客様ですが、お申込み時に
「男の方が苦手なので、女性のカメラマンさんで探していました」
というメッセージが添えられていました。

しいれいフォトを選んだ理由のアンケートをとると
「女性フォトグラファーだから」
がベスト3にランク入りする事項なので
それほど気にしていなかったのですが。。。

撮影当日、ご家族とご対面した時
ママさんが
「ね。女のカメラマンさんでしょ♡」
と、3歳ちゃんに語りかけたのです。

え?そんなに?
「女の人じゃないと、ダメ」なのか。。。
って思った その瞬間!

「男の先生じゃなく 女の先生がいい!」
って泣き叫んでいる小さい頃の私が、
フラッシュバックしたのです。

先生っていうのは、小さい時に通いはじめた
スイミングクラブでの先生のことです。
特定の男の先生が怖くて嫌だというのではなく
「男の先生だったら、全員イヤ」
だったことを思い出しました。

――――――――――――――――――――――――
女の人は やさしい(というイメージ)
男の人は 怖い(というイメージ)
by 子供時代のしいれい当社比
――――――――――――――――――――――――

当時のちっちゃい私は、
そんな思いでいっぱいだった。

この感覚。なんなんだろう。
って思ったら、気づいたんです。今っ!
子どもの経験や知識がないちっちゃい頃の私は

女の人は やさしい
男の人は 怖い

という思い込みを一度持ったら
それが全てとなる。
そこから抜けられないんだ。

世の中には
怖い女の先生もいるし
やさしい男の先生もいるのにね。

これは
――――――――――――――――――――――――
自分の思い込み= 認知のゆがみ
――――――――――――――――――――――――
っていうやつなのかも。

今回のケースは、認知のゆがみと言うと
大げさなのかもしれないけれど

人見知り、
場所見知り

なども同じケースで、
子どもが成長し、いろいろな経験をしていく中で
それは事実ではなく、
単なる自分自身の思い込みなんだ
っていう上書きをしていくのかもしれません。

ああ、私には、そういった認知のゆがみがいろいろあって、
その上書きがちゃんとされていないような気がしてきた。

でも逆に、その認知のゆがみを
ひとつひとつ
紐解いていけば

たどり着く場所は
きっととっても穏やかで
楽な世界なんだろうな。

2023年3月12日。イマココ。
ようやく、ここまでたどり着きました。

今回の3歳ちゃんのブログを書いていたら突然 降ってきた気づき。
自分自身に対しての捉え直しは、これから。

春ですね。
今まで眠っていた街や人々が
動き出してきた感じです。

 

この写真たちが、あなたのかけがえのない宝になりますように・・・
七五三ドキュメンタリー出張撮影プラン 七五三|お見積・ご予約 ✉お問い合わせ


冒頭の写真は、七五三撮影をしていた時に、鎌倉にいたリス。

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 8回受賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

最近の記事

  1. フランスで着物プロフィール写真が強力なブランドイメージに!7年ぶりにお…

  2. ミカタイさんのランチBOX。友人宅へケータリングしてみた

  3. 地元のお店紹介:ニンジャアイス@岸本酒房

ブログ記事ALL

Back Number

撮影カテゴリ