七五三 出張撮影 成人式 前撮り 30分セッション【お写真買取システム】 私のコト。(seerayとは?)

「魂を込めて撮る」ことができるカメラと、できないカメラがあって。。。

海辺ポートレート_B5_L1689

私は撮影する前、撮影の現場に向かう道中、
(みんなに笑われちゃうかもしれないけれど)

瞑想をして、
どうかその人の一番の光を見つけられますように
って願う儀式・・・
っていうと大げさすぎだけど
まあ、祈りのようなものをしています。

それは道中だけではなくて
撮影中がはじまって 絶えず祈りを込めて撮っています。

でね。撮影中にその祈りに似た入魂みたいなのが
できるカメラと出来ないカメラがあることに気づきました。

ファインダーを覗いて撮るカメラは
それができるのですが、

どうも
液晶を見ながら撮る
ミラーレスカメラとか
スマホなんかだと、
魂を込めることができないんです。

ミラーレス
本当にきれい。
キレッキレで、
なんてシャープなんだろう
って思う。

新しいもの好きな私だから
いろいろ試してみた。
何度も何度も。

瞳AIとかも、めっちゃうらやましいから即採用したかった。

だけどね、どうしてもダメなの。
魂の入魂ができない

もちろんね、1カット1カット
魂入れるから
疲れるのなんのって。
これは、もう撮影後は本当にヘロヘロになるのですが。

そしてその後、ミラーレスやスマホで撮ると
なんてラクなのでしょう~♪
って思うのですがね。

ミラーレスカメラで撮れば撮るほど
「私じゃなくてもよくない?」
っていう疑問が、内側から湧き上がってくるのです。

カメラマンの人間である私が
AIロボットになってる感覚があって
私の内なる自分が、だめだって、言ってる。

でも、家族撮影以外の
例えば商品撮影や物撮りなどは、その逆。
ミラーレス、サイコー♡ってなる。

また、仕事を離れたプライベートのスナップ撮影などは
もう、スマホが手放せない。

というわけで、カメラをシーンに合わせて
切り替えています。

これは私の個人的な感覚でしかないのだけれど。
これ、分かる!っていう人、誰かいないかなー
居たらうれしいなあ。

春の七五三撮影、成人式前撮り、撮影中♡
七五三 出張撮影プラン 👘成人式前撮りプラン お見積・ご予約 ✉お問い合わせ

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 8回受賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

最近の記事

  1. OCT BOX(山葡萄編み)展 @青山 行ってきました

  2. 表参道*麗し展 行ってきました

  3. SONY ミラーレス一眼カメラが届きました

ブログ記事ALL

Back Number

撮影カテゴリ