イベント情報 お散歩photo

三渓園の紅葉情報~古建築 特別公開しています!

三渓園  聴秋閣

 

本日『着物de撮影会@』ご参加ありがとうございました。

こちらの写真は三渓園で今、特別公開している聴秋閣です。
撮影会がはじまる前のロケハン時に撮りました。

光、げっと!!
一瞬、ほんの一瞬 光が射していたのです。
数カット撮ったら、もう曇ってその後は雨でした。

風景写真も、スポーツやこども写真のように
一瞬のシャッターチャンスをねらう心構えが必要なのですね。

この一枚が教えてくれた気がしました。

そして撮影会。

3名様とも、三渓園は初めてだそうで
「こんな場所、あったの知らなかった。
遠くへ旅行に来たみたい~」と感激されていました。

私も、今日の三渓園には感動しました。
もう、 サイコー。

 

ただ今、特別に古建築と、それに続く遊歩道が特別公開されています!

三渓園 オフィシャルサイトより

《紅葉の古建築公開》
*聴秋閣 ちょうしゅうかく (重要文化財)
建築:江戸時代初期 元和9(1623)年、移築:大正11(1922)年
徳川家光が将軍宣下を受けるにあたり上洛した際、京都二条城内に建てられたと
伝えられ、のちに乳母の春日局(かすがのつぼね)が所持したといわれる。
三つの屋根を組み合わせた形状から、かつては“三笠閣(みかさかく)”の
名で呼ばれ、内部にも変化に富んだデザインが見られる。
*春草廬 しゅんそうろ (重要文化財)
建築:江戸時代(小間)、広間の部分は三溪園移築後に増設、移築:大正11(1922)年
京都宇治の三室戸寺金蔵院(みむろとじこんぞういん)にあった茶室で、古くは
“九窓亭(くそうてい)”と呼ばれ、織田信長の弟・有楽(うらく)の作ともいわれるが、
確証はない。
四畳に満たない小さな空間ながら、九つもの窓がリズミカルに配されているのが
この茶室のみどころ。

 

雨の三渓園も、しっとりと いい感じです。

三渓園 もみぢ

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 7回入賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

Documentary Photographer SEERAY TANAKA

しいれいフォト プロフィール しいれい*プロフィール詳細へ→★

イギリス系の映像会社にてビデオグラファーを経験。ドキュメンタリービデオ撮影技法を取り入れた自然体で動きのある究極のナチュラルポートレイトを提供。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

-受賞歴-
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・明治安田生命マイハピネスCM採用 + 7回入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞



七五三&お宮参り特集記事

最近の記事

  1. 【コロナ禍での撮影】①マスク着用は?②撮影延期はできる?③空気清浄機『…

  2. ドバイ*ラグジュアリー女子部*に参加しました!

  3. 繁忙期前の休日に思う。「プレイヤーを卒業し、経営者へシフトしなくては」…

Back Number