神社での七五三写真撮影をプロカメラマンに依頼する4つの理由

神社での七五三写真、パパが撮るから大丈夫!と思っていませんか?
~七五三 神社での撮影をプロカメラマンに依頼する4つの理由~

1. 写真を撮っている場合ではありません!

お子様が着物を着ている間は、一瞬です。
その瞬間を、カメラ越しに見るなんてもったいないと思いませんか?
しっかりと、お子様の着物姿を目と心に留めておいておいてください。

七五三撮影

 

2. コンパクトデジカメだと、他の家族もはっきりと映りこんでしまいますよ。

神社はたいへん込み合っています。

七五三撮影
2013/11/03 12:05 伊勢山皇大神宮

記念写真を撮ろうとすると、背後に人が・・・
順番待ちをしても、また別の人が・・・
そうこうしているうちに、先ほどまで笑顔だった子が不機嫌に・・・
出来上がった写真は全て不機嫌な顔だったという失敗事例が多いです。

seeray photoでは、お子様のストレスをなくすよう、極力 撮影順番待ちは避けています。

背景に、人が居る前提での画づくり。
後ろの背景をぼかして
背景の他の参拝者をも画にするよう努めています。

七五三撮影

 

3. パパは身軽な方がいい。

三脚とカメラを抱えているパパを見かけますが混雑している神社ですと、
他の参拝客が三脚につまずいたり、移動中に畳んでいる三脚がぶつかって
ケガをさせてしまう危険性があります。
またはカメラ自体も落下による故障の原因となります。
(例:他のお子さんが走り回っているところ三脚につまずく。軽い三脚ほど、よく倒れます!)

近年、三脚持ち込みを禁止している神社様も出てきました。
お祝いの日に注意されてテンションダウンになるのは悲しいですよね。
混雑が予想される神社の三脚持参は避けたほうが無難です。

七五三参拝の撮影で、いくつかの家族に同行して思ったこと。

お子様は着付けやヘアメイク、慣れない草履などでかなりのストレスフルな状況です。
どんなに普段ニコニコしている子でも、この日は急に電池切れになってしまいます。
カメラ、三脚は置いて、直ぐに抱っこができる準備を。

七五三撮影

4. ドキュメンタリーとしての写真が残せます

しいれいphotoでは、ご親戚一同そろっての記念写真や、お着物姿のポーズを撮ったお写真も撮りますが
ほとんどは、「自由に過ごしてください、その様子を記録します」と言っています。

ビデオ撮影のように常時カメラを構えていますので
一瞬の笑顔を逃しません。

終始ご機嫌ななめな子でも涙と涙の間に一瞬だけ、いい表情をする時があります。
そんな時は 「泣いている写真ばかりだと思ったのに、いい表情していたのですね」
と、驚かれます。

お子様には、無理に笑って!と言わず、普通に過ごしていただき
ナチュラルポートレイトを撮っていきます。

七五三撮影

 

まとめ

こちらの動画をぜひご覧ください。
スマホに夢中な現代の私たちを憂いています。

≫≫2分間の動画です

いかがでしたか?ドキっとしますよね。

 

重要なのでもう一度 言います。

神社での七五三参拝の日、お子様が着物を着ている時間は
ほんの一瞬で終わってしまいます。

写真撮影のことは 出張カメラマンに丸投げして、
全力でお子様との時間を楽しんでください。

 
「今」リアルに起こっている世界を、味わいつくしましょう。

ぜひ後悔のないよう、七五三晴れの日をお迎えください。

七五三撮影✿プラン お見積・ご予約 ✉お問い合わせ

関連記事