アート&セミナー参加

『田沼武能さん93歳・写真家で初の文化勲章受章』


▲ 2012/3/16 エプソンフォトグランプリの授賞式@

先生と初めてお会いしたのは、エプソンフォトグランプリ 授賞式で。
もう10年も前になるのですね。

 

気さくに写真撮影に応じていただきました。

選んでいただいたこと、光栄に思います。
田沼先生、ありがとうございました。

謹んでお悔やみ申し上げます。
田沼先生のお写真、もう一度じっくり味わいたいと思います。

報道写真家 田沼武能さん死去 93歳 写真家で初の文化勲章受章 NHK

 

写真家の田沼武能さん93歳…世界の子供を撮り続け文化勲章
読売新聞 2022/06/02
世界の子供を撮り続けた写真家で、写真界の地位向上にも尽くした文化勲章受章者の田沼武能(たぬま・たけよし)さんが1日、東京都中野区の自宅で死去した。93歳だった。告別式は近親者のみで行う。喪主は妻・敦子(あつこ)さん。
・浅草の写真館に生まれ、木村伊兵衛に師事した。1956年、米国から巡回した写真展「ザ・ファミリー・オブ・マン」に感動し、ヒューマニズムに根ざす写真を志した。米タイム・ライフ社と契約する一方で、世界の子供たちをライフワークに決め、100か国以上を歩き、飢餓や戦争の中でも失われない純真さを撮り続けた。85年、菊池寛賞を受賞。東京の下町や武蔵野を撮った仕事も残した。
95年、日本写真家協会会長に就任し、著作権問題やネガ保存の重要性を訴えた。よみうり写真大賞の審査にも携わり、写真愛好層の拡大に尽力した。
ユニセフ親善大使を務める女優・黒柳徹子さんのアジア、アフリカなどの活動視察の旅にも同行した。2019年、文化勲章。写真集は「輝く瞳 世界の子ども」「人間万歳」など多数。

写真家・田沼武能さん死去 93歳 文化勲章受章
毎日新聞 2022/6/2
世界各地の子供たちや東京の下町、武蔵野の自然などにカメラを向け続けた写真家で、文化勲章受章者の田沼武能(たぬま・たけよし)さんが死去したことが2日分かった。93歳だった。葬儀は近親者で営み、後日お別れの会を開く予定。喪主は妻敦子(あつこ)さん。

・浅草の写真館の息子として生まれた。建築家を目指したが受験に失敗。報道写真家を志し、東京写真工業専門学校(現・東京工芸大)に入学した。1949年の卒業後、サンニュースフォトスに入社して木村伊兵衛に師事。51年、新潮社の嘱託となり、作家や芸術家のポートレートを多数撮影した。65年、米ライフ誌との契約を機に世界各地を訪ね、子供たちを撮影。100カ国を超えるライフワークとなり、85年に菊池寛賞を受賞した。ユニセフ親善大使を務めた女優の黒柳徹子さんに同行し、緊急援助国の撮影も長く続けた。

95年からは、日本写真家協会会長として写真界の発展にも貢献。特に2010年以降は、急速なデジタル化で劣化・消散の危機にある貴重なフィルムの保存が国の責務と訴え、国立の「写真保存センター」の設立を目指して活動した。03年に文化功労者、19年に文化勲章。

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 7回入賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

Documentary Photographer SEERAY TANAKA

しいれいフォト プロフィール しいれい*プロフィール詳細へ→★

イギリス系の映像会社にてビデオグラファーを経験。ドキュメンタリービデオ撮影技法を取り入れた自然体で動きのある究極のナチュラルポートレイトを提供。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

-受賞歴-
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・明治安田生命マイハピネスCM採用 + 7回入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞



七五三&お宮参り特集記事

最近の記事

  1. 自動下書き

  2. 始動!オトナキモノ撮影会@桜木町 6/20(月)【募集中】

  3. PHOTONEXT2022 からの、まさかのLIFESTUDIOさん見…

Back Number