ボランティア活動

石巻ボランティア「絆」が、紀伊半島南部へ

福島豪雨の金山町で一緒に活動した拓さん達が既に紀伊半島へ向かっているというのを聞いて
超、感動した。
絆・公式ブログ
http://ishinomakizuna.net/blog-kizuna/?p=1002

「石巻ボランティア支援ベース絆」が台風12号の傷跡深い、紀伊半島南部へ
チャリティーニュース 2011/9/7
「石巻ボランティア支援ベース絆」の仲間たちが、今回の台風12号で大きな被害にあった紀伊半島南部地域に支援の手を差し伸べ始めている。
東北大震災以来、和歌山県から多くの仲間が駆けつけてくれたこともあり、絆ベースに集まっていたメンバーで今後、台風12号の被害地域へどのような支援をするべきか何度も何度も話し合ったそうだ。そして次々と絆のメンバーは和歌山入りしている。
「石巻ボランティア支援ベース絆」とは?
日本全国にネットワークを持つ団体や個人の集まりだ。震災直後から東北入りしていた、過去の災害地でも行動を共にした仲間が石巻市に集結し、石巻市南境にある集会所を借り、一つ屋根の下で各団体、各個人の活動をスタートした。大きな組織的なボランティア団体と違い、柔軟な対応が、すばやく臨機応変にできるというメリットがあるという。
5日には、既に和歌山県古座川町に入っている絆のメンバーは公民館で地図などを準備中だそうだ。悲しく苦しい体験をした被災地で心の絆が結ばれて行く。
団体情報
団体名 石巻ボランティア支援ベース絆
代表 吉村誠司
住所 986-0031 宮城県石巻市南境鶴巻3
連絡先 電話 : 080-3303-7820 
石巻ボランティア支援ベース絆・公式サイトより


その他記事
災害ボランティアセンター設置 古座川町
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=217061

しいれい とは【see 見る】と【光を意味する ray】で 被写体の「光を見る」達人になりたいという想いから。ビデオグラファーの経験を生かしたドキュメンタリー撮影技法で、自然な表情を切り取るナチュラルポートレイトの提案をしています。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

【受賞歴】
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞
・明治安田生命マイハピネス 7回入賞&CM採用

しいれい プロフィール詳細≫≫★
https://seerayphoto.com/about-seeray

Documentary Photographer SEERAY TANAKA

しいれいフォト プロフィール しいれい*プロフィール詳細へ→★

イギリス系の映像会社にてビデオグラファーを経験。ドキュメンタリービデオ撮影技法を取り入れた自然体で動きのある究極のナチュラルポートレイトを提供。「光=真のあなたの魅力」を写真を使ってお伝えします。

-受賞歴-
・エプソンフォトグランプリ入賞
・三渓園フォトコンテスト入賞
・明治安田生命マイハピネスCM採用 + 7回入賞
・Photoback for Biz Award(アルバム制作)金賞



七五三&お宮参り特集記事

最近の記事

  1. カメラ情報

  2. 亀井弘喜さん講演撮影レポート【法人様イベント撮影】

  3. 各SNSの推奨 画像サイズまとめ

Back Number