【CP+2013】 EOSシステムで撮影された映画「くちづけ」

2013/5/25公開予定の 堤幸彦監督 映画「くちづけ」
この作品は、
EOS C300×4台
EOS 7D×1台
で撮影されたのだそうです。
5台のカメラを一斉に回して。
なんと絵コンテなし。
演技が制約されてしまうからなのだそうです。
そんなお話をキヤノンブースでされていました。
EOS C300のメイキングもあり。
竹中直人 生出演!UST配信中
≫2/1(金) CINEMA EOS SYSTEMで全編撮影 堤幸彦監督に聞く。映画「くちづけ」の深くてイイ話
※2013年2月18日10時までセミナーを動画で見られます
そして。
CP+会場から徒歩圏内のブリリア ショートショートシアターにて
先行上映されていた「くちづけ」観てきました。
先入観ナシ。
エンターテイメント映画かなと思いながらも
次第に引き込まれていって・・・
最後は不覚にも号泣でした。
泣くつもりは全くなかったのに。
あまりにもストーリーに引き込まれてしまったので
カメラワークとか見るの忘れたほどです。

関連記事