遺影写真の重み~応援してくれている気がする。

先日のブログの続きです。
ご家族からメールが届きました。
先日お渡ししたスナップ写真を遺影にしていただけるということでした。

兄に代わり御礼申し上げます。
無事葬儀終わらせる事が出来ました。
母と相談しまして、いただいた写真を遺影にしたいと考えています。
家に残っている兄の写真が少ない為、
母と私にとって何よりの贈り物をいただきました。
ありがとうございました。

写真をご家族にお渡ししたシーンは、とてもグッとくるものでした。
私にとって大切なご家族とのやりとりです。
その場面を、一緒にいた「デジタル写真工房 カラーの いちのせ」さんが
記事に書いてくださり感激しました。

写真のチカラ。プリントの重さ。
・・・
彼の写真を持ってる人はご家族に渡してあげて。
前日にいただいた写真家さんからの提案でした、
でもね、やっぱり彼は撮る方だったらしくて、ワタシも彼の写真はなかった。
さすがです、いつも我々の記録をしてくれてるるぼとさんが撮ってくれていた。
そして写真家しいれい(http://seelay.blog137.fc2.com/blog-entry-1396.html)
彼女らしいスナップショット。A4サイズのプリントを見た時
うわっ、いい写真、いい表情掴まえたな って思いました。
お母様に渡したとたん、その写真をギュって抱きしめました…
ワタシは写真に携わって何年経つのでしょうか。
趣味として、仕事として、ツールとして
何枚の写真を見たのでしょう、何枚の写真を焼いたのでしょう。
それでも。こんなシーンを見たのは始めてです。
改めて写真プリントの持つ「重さ」と「チカラ」を強く感じました
それはやっぱり手に持って・紙となって現れるんだなと・完成なんだろうと。
どんな最高級のモニターでも伝わらないなにかがあります。
この仕事、写真という仕事をしていて本当によかった。
この思いは何度も感じたことがあります、改めて心から思いました。
■ いちのせさんのブログ全文⇒写真のチカラ。プリントの重さ。

遺影写真は、お部屋に長く飾るもの。
プリントも耐久性のあるものでなくっちゃ。
再度、再プリントしてお渡しするつもりです。
プリントは、いちのせカラーさんにお願いしよう。と思っています。

下界なりにやることやらないとね。

しばらくショックで何も手がつけられなかった私。
いちのせさんのこの言葉に勇気づけられました。

改めて。
今回Sさん生前中は、私の貧弱な記事にも「いいね」をしてくださっていました。
そんなSさん。
しいれいphoto「元気な時に撮る生前遺影」プロジェクトを
天国で応援してくれてる気がしてなりません。

関連記事