子供があこがれる写真家っていいな

私は「撮り鉄」ではないけれど、
少年が夢中になって鉄道を撮っている姿。

そうだよね。これが鉄道を撮る魅力なんだよねって。
鉄待ちしていて、あ!来た!というときの高揚感。
これは、本当にわくわくするものだから。

鉄道写真家 広田泉さんと、鉄道写真を愛する人たちとの集まりに
ご一緒させていただきました。

IMGL8619.jpg

一言で鉄道写真と言ってもいろいろあって
そこには旅があったり
人と人とのドラマがあったりする。

もしかしたら、鉄道写真ってドラマが一杯詰まっている
格好のステージなのかも。
今回鉄道写真愛好家の人たちと話をしていく中で
そんなことを何となく考えたりしました。

そして、二次会。
Carl Zeiss プラナーレンズ比較のために
広田泉さんにポートレイトを撮ってもらったのですが
たったの2カットで、ポートレイトを撮る時の
ものすごいヒントを受け取った!!!
私が人を撮る時とは全く違う
呼吸、タイミング。
衝撃でした。

広田さん、
これからも、子供達の夢を与えるヒーローでいてください。
わが甥っ子もこの写真集、夢中で見てます。
この写真集が持つ吸引力は、ものすごいんです。

                 

 

IMG_5352_20111226075610_20120919014748.jpg

関連記事